結婚式の招待状の返信ハガキで、そのまま返してもつまらないな〜思っているので、たまにこんな感じのネタ画像なんかを作って貼り付けています。

ただ、ハガキにぴったりの画像サイズで印刷するのって意外と難しいです。
いつも印刷のサイズ設定で苦戦するので、ぴったりなサイズのするためのコツをお伝えします。
(※ちなみに漫画の画像をそのまま印刷して使うのは著作権的にNGです。)

なお、この記事ではmacのプレゼン編集ソフトkeynoteを使用しています。
とはいえ、パワポでも作業の流れはだいたい同じだと思います。

なお、ウケてるかスベってるかどうかは全くわかりません

Keynoteのサイズ調整

右上の書類 → スライドのサイズ → カスタムから、
サイズをハガキと同じサイズに変更します。

ハガキのサイズ
ヨコ 420pt × タテ 284pt

参考:「はがき」のサイズ【サイズ.com】

これで、スライドサイズがハガキと同じサイズになります。

ハガキをスキャンしてKeynoteに貼り付ける

ハガキ自体をコピー機でスキャンして、取り込んだハガキの画像をkeynoteに貼り付けます。

レイアウトの調整に、すごく大事な作業です。

余談ですが、ご出席の「ご」は二重線で消すのがマナーです。

横幅をぴったりスライドのサイズに合わせることで、実際に画像の大きさを決める際に役立ちます。

ご出席・ご欠席、名前や住所など、必要な文字と重ならないレイアウトを探ります。
(ぶっちゃけ、文字をかぶせても問題ないのですが・・・)

ネタ画像を作成する

ネットで拾ってきた素材を、ハガキの画像の上に重ねます。

ちょっとセリフを変えたい時などは、画像を加工する必要があります。

もともとのセリフとうまくフォントが合わない場合は、ここからフォントを探します。

フォントフリー

なお、欲しいフォントをkeynoteで使えるようにする方法はこちら

KeynoteでPDF出力

ウチで使っているプリンターは、PDFしか出力できないので、一度PDFに変換します。

「ファイル」→「書き出す」→「PDF」を選択します。

ここでの注意点は、イメージの品質を「最高」にしておくことです。

品質を標準などにしておくと、PDFにした時に画像がガビガビになってしまいます。

プリンターで印刷する

出力されたPDFを開き、印刷します。

ここでの注意点は、ハガキサイズは通常のA4用紙より小さいので、このまま印刷すると拡大されてしまいます。

正しくハガキサイズにするため、サイズ調整にて、サイズを100%に設定してプリントします。

印刷したら、のり付けして貼り付けたら完成です。

おすすめの記事