Googleが公式ドキュメントに、記事の構造化データに推奨項目に、著者URLを追加しました。
著者URLを記載することでどんな人物が書いた記事か検索エンジンがわかりやすくなるので、権威性アップに役立つと言われています。

この記事では、構造化データの著者URLについて

  • 予想されるSEO効果
  • 設定されているかチェックする方法
  • 記載する方法

などをわかりやすくお伝えます。

記事の構造化データに推奨項目に、著者URLを追加

2021-08-10に更新された記事の構造化データに関するページでは、推奨プロパティとして、著者のURLが指定されています。

"url": "http://example.com/profile/janedoe123"の項目が記載されている。

Article  |  Search Central  |  Google Developers

なお、2021年8月30日現在、日本語ページではまだ反映されていません。
記事  |  検索セントラル  |  Google Developers

SEOでのメリットや効果

著者プロパティを構造化データを記載したことによるSEO効果は、まだ定量的なデータは示されていません。

しかし、Googleは、検索エンジンの評価指標として「E-A-T」を掲げています。

  • 専門性(Expertise
  • 権威性(Authoritativeness)
  • 信頼性(Trustworthiness

著者の詳細URLを明確にすることで、この3つを高める効果が期待できます。

特に、医学的な内容などのYMYL領域に関する記事なら、権威性が重要視されやすい傾向があるためより重要です。


逆に、日常に関する内容を書いた記事については、あまり構造化データを作成してもSEO的な順位上昇は見込めないでしょう。

構造化データのチェック方法

簡単な方法としては、チェックツールを使う方法があります。

こちらのサイトで記事URLを入力することで、構造化データが記載されているかチェックすることができます。
https://validator.schema.org/

なお、今見ている本記事の場合はこのように表示されます。

また、直接HTMLソースを表示して調べる方法もあります。

Google Chromeをお使いの方は、右クリック→検証から、ページのhtmlソースを表示することができます。

検索窓に「@type」と入力すると、すぐに構造化データ部分を見つけることができます。
(使用されるワードプレスのテンプレートにもよりますが、基本的に記事上部に記載されることが多いです。)

なお、当サイトで使用しているワードプレスのテンプレート「DIVER」では、最新verで初期状態で構造化データの著者URLが挿入される仕組みになっています。

構造化データの記載方法

「著者URLを記載したい」という場合、どうすれば良いのでしょうか?

ワードプレスの場合、お使いのテンプレートの販売元に問い合わせるのがベストな方法だと思いますが、記事内部に直接記載することもできます。

たとえば、この記事にテキストモードでHTMLコードを書き込むと、

このように、ちゃんと構造化データとして反映されています。

構造化データを記載する方法は大きく3つあり、そのうち「JSON-LD形式」はHTMLファイルのどこに記述しても問題ないという特徴があります。

「JSON-LD形式」とは、以下のような中かっこ、カンマ、クォーテーションで記載されたコードのことです。

<script type="application/ld+json">
{
    "@context" : "http://schema.org/",
    "@type":"Thing",
    "name":"商品名",
    "description":"商品の概要",
    "image":"画像のURL"
}
</script>

パッとみて構造がわかりやすく、Googleも推奨していますので、この書き方をしておけば間違いありません。

おすすめの記事