無料ヒートマップ「Microsoft Clarity」の導入方法

Microsoftが提供している無料のヒートマップツール「Clarity(クラリティ)」の設定方法です。
なお、今回の記事は事前にタグマネージャーを導入していることを前提としています。

タグマネージャーを導入していれば、5分で設定が完了します。

Clarity(クラリティ)にアクセス

以下のURLより、クラリティのサイトにアクセスします。

https://clarity.microsoft.c om/

「sign up -it's free!」をクリックし、アカウントを作成します。

なお、アカウント作成にはGoogleアカウント、もしくはマイクロソフトのアカウントが必要です。

お使いのアカウントにログインして、アカウントを作成してください。

サイトを登録

こちらの画面が表示されるので、項目を入力していきます。

  • Name
  • Website
  • Site category → サイトの内容に沿った内容を選択(以下参照)
「site category」は何を入力すればいい??
site categoryは、Eコマースやブログなど様々なカテゴリから選べますが、この選択が特に影響することはないので気楽に選びましょう。
後から変更もできます。
私の場合は、「Media」に設定しています。

おそらく、Site categoryはどんなニーズで活用されているかマイクロソフトが調べる目的で用意されています。

タグマネージャーとクラリティを連携

Clarityを設定する方法はいろいろとありますが、既にGoogleタグマネージャーをサイトに設定済みの方は、タグマネージャーと連携させるのが簡単です。

Settingより、
「Install tracking code on third-party platforms」
→「Google Tag Manager」を選択します。

「Connnect Now」をクリック。

Googleアカウントへのログインを求められるので、ログインを行います。

こちらの3つのチェックボックスにすべてにチェックを入れ、

「Continue」をクリックします。

マイクロソフトへのデータ共有について
こちらのアクセスを許可すると、タグマネージャーで設定されているタグやトリガーの情報がマイクロソフトと共有されます。

個人のアカウントなら問題ありませんが、法人や仕事で行う場合は、データの共有に関して事前に確認しておきましょう。

こちらの画面が表示されますので、画面右の

  • Select a GTM account
  • Select a GTM container

を入力していきます。

サイトを管理しているアカウントとコンテナを選択し、最後に「Create and publish」をクリックします。

しばらく待つと、このようにタグマネージャーと連携されたアカウントとコンテナ名が表示されます。

設定作業はこちらで完了です。

2時間ほど待つとデータ収集が開始され、ヒートマップやレコーディングが観れるようになります。

データの確認方法

ダッシュボードにログインすると、上のタブに

  • Recording
  • Heatmaps

を選ぶことができます。

クリックすると、それぞれのデータを見ることができます。

なお、Heatmapでは「クリックヒートマップ」と「スクロールヒートマップ」を見ることができます。

ダッシュボードを操作している様子はこちら

Googleアナリティクスとの連携は必要?

Googleアナリティクスと連携することで、Googleアナリティクスで設定した目標や、購入に至ったユーザーなどの条件でフィルターをかけることができます。

How to find and add your Google Analytics dimension ID on Google Analytics

これにより、たとえば

  • 購入ボタンをクリックしたユーザーのみのリプレイが見たい
  • 特定のリスティングKWで流入しているユーザーのみのリプレイが見たい

など、特殊なフィルターをかけることができるので、より詳細な分析ができます。

データの参照方法

Googleアナリティクスと連携すると、カスタムディメンションに「Clarity Playback URL」が自動で追加されます。

以下は、データの活用方法の一例です。

  1. Googleアナリティクスより、行動→ランディングページを選択
  2. セカンダリディメンションから、「Clarity Playback URL」を選択。
    (入力欄に"c"と入れると、最初に出てきます)
  3. ランディングページごとの表示されたPlayback URLから、コンバージョンに至ったURLをブラウザに打ち込む。
  4. コンバージョンに至ったセッションのリプレイが見れる

画像の場合はコンバージョンに至ってないですが・・・

アナリティクス連携のデメリット

連携を行うとイベントカテゴリ「Clarity」のイベントが自動的に収集され、アクセス数によっては膨大な量のイベントが発生します。

なお、イベントアクションにはディメンションID、イベントラベルは(not set)となります。

私は普段、イベントの発生数をページのエンゲージメントとして定義しているので、このデータは分析の邪魔になるので外してしまいました。
今後も、便利な活用方法が見つかれば追記していきます。

アナリティクスの連携解除は簡単

クラリティのダッシュボードから簡単にできるので、まずはお試しで連携してみても良いでしょう。

アナリティクス連携解除の手順

おすすめの記事