【2022年版】沖縄県立図書館でワーケーション|wifiと電源が無料で使える
画像:沖縄県立図書館より引用
スポンサーリンク

ワーケーションで、沖縄県立図書館で作業してきました。

電源とWifiが無料で使えるスペースがあり、ビジネスでの利用も可能。
会話はできませんが、一人で作業に没頭したい方にはコスパのいいスペースです。

場所 沖縄県立図書館
コスパ
設備
wifi
Web会議のしやすさ
アクセス

無料で使えてコスパ最強!一人作業ならここで十分!

料金・費用

住所 沖縄県那覇市泉崎1-20-1
料金 無料
開館時間 9時から20時
休館日 毎週火曜日、年末年始、特別整理期間

料金無料。

県外から来た人でも、電源、wifi、デスク、資料の閲覧が無料で利用できます。

「うそ?本当に?」と思ったのでスタッフの方に聞いてみると、

沖縄県としてもワーケーションを応援しているので、図書館も無料でビジネス利用できるようにしています。

とのこと。

ありがたや・・・。

撮影禁止だったため画像はないけど、席の至るところに「この席は○○目的専用です!」と書かれている。

「本も借りず、ただ自分の仕事したいだけじゃダメか・・・」
と思ってたけど、普通に関係ない仕事しても全然OKとのこと。

設備

目的ごとにブースごとを棲み分けており、ビジネス席と自主学習席がある。
撮影禁止だったため画像はないが、大きく書かれているためすぐにわかる。

ビジネス席ならパソコン作業できる

ビジネスエリアにあるブース席。

図書館利用者(資料の調査や読書)限定かと思いきや、普通に仕事してもいいらしい。
(インフォメーションで聞いてみた)

パソコンを開いてもOK。
電源タップ利用可能で、1席につき1口までコンセントがある。

コロナの感染拡大防止のため縮小されているが、全部で30席くらいある。
日曜日は比較的空いているが、平日になるとわりと混む印象。

自主学習席は勉強目的のみ

高校生などの学生が、勉強のために使う場所。
PCを使った作業はできず、仕事目的の人は使えないので、ビジネス席へ。

平日は空いているが、休日になると学生で埋まる。

食事はNGだが、飲み物持ち込みOK

全フロアで食事はNGだが、飲み物の持ち込みOK。
ただし、倒した時に中身がこぼれる形状のカップや開封済みの缶は持ち込み不可。
スタバやコンビニのコーヒーは持ち込めないので、キャップのついた缶コーヒーや自前のボトルを用意する。

wifiは1時間ごとに認証が必要だが10時間使える

wifiは無料で利用可能。
速度は70Mbps程度で安定している。

沖縄県立図書館のwifi

沖縄県立図書館のwifi速度

ただし、1時間に1回の認証が必要なので、ネットが切れるとまずい作業には適さない。
1日10回まで認証できるため、最大で1日10時間利用可能。

1日10時間も使えれば十分です

会話できないのでweb会議は一切できない

図書館なので会話はできず、web会議は一切できない。

一応、電話ができるフォンブースは1室あるものの、パソコンを開いて会議する用で作られていないので不向き。

アクセス


旭橋駅から徒歩1分。那覇オーパ(OPA)3階にある。
2階にレストランがあり、付近にはコンビニもあるので、ランチに困ることはない。

まとめ|一人作業や費用を抑えたい人向け

  • ビジネス席なら、仕事でパソコン作業しても問題ない
  • 会話禁止できないので、web会議はまったくできない
  • 雑誌や蔵書数も多いので、調べ物や勉強にぴったり
  • 一人集中して作業をしたい人にはおすすめ

何より利用料が無料で、開館時間も長い(9時から20時)ため、コスパ最強のオフィスになる。

web会議の時だけ防音ブースのあるhowliveや、フロア貸切のRJWORKSを使うなど、併用すればかなりコストが抑えることができそう。

ツイッターではイベント案内や、空き状況をツイートしてくれることもあるので、利用する可能性がある人はフォローしておいた方がいいかも

那覇市のコワーキングスペースまとめはこちらから

スポンサーリンク
おすすめの記事